【経済産業省主催】ワークショップ

LCAを活用したマルチクライテリア(複数環境影響領域)
評価に向けた国際枠組みの最新動向
-欧州環境フットプリント/LCA国際データベース協調枠組み(GLAD)-

(平成30年3月19日(月) 航空会館 13:30~17:00 入場無料)

開催趣旨

製品や企業活動がライフサイクルの中で環境にどれだけの負荷を与えているかを定量的に示す欧州「環境フットプリント」のプロジェクトが欧州委員会の主導で進められています。そこでは、地球温暖化への影響だけではなく、水や資源、人間健康等、温暖化以外の複数の環境影響(マルチクライテリア)を含めた評価手法が検討されており、2014年に業界・企業による試行(パイロット)事業が開始され、2018年4月にパイロット事業の終了が予定されているところです。終了を間近に控えて評価手法やコミュニケーション方法等に関して一定の成果が出ており、パイロット事業終了後は、本検討結果も踏まえつつ、政策への活用を業種別に検討していくことが決定しています。マルチクライテリアで環境影響を評価しようとする動きは、欧州委員会内だけではなく、すでに国単位での取り組みにも広がっており、フランスでは、マルチクライテリアのラベリングプログラムが国主導で施行されているところです。

他方、国連環境計画(UNEP)では、このような動きと並行し、LCAデータベース間の国際協調枠組みである「GLAD(Global LCA Data Access) 」の構築を進めています。製品等のライフサイクルでの環境負荷を定量化するにあたっては、算出の基礎となるデータベースが必要となりますが、特にグローバルに活動する企業にとっては、多様に存在するデータベース間の相互利用性が課題となります。GLADでは、その課題の解決を見据え、UNEPのもと我が国を含め、欧州委員会、米国、中国など世界の13の国・地域の政府機関が運営に参加しており、主要なデータベース開発者や専門家が協力して検討を進めています。なお、GLADにおいても、欧州環境フットプリントと同様にマルチクライテリアでの環境影響評価が企図されています。

このような中、経済産業省では、欧州環境フットプリント・GLADの双方について、国際会議への出席や関係者との対話を通じて最新動向の把握に努めています。本ワークショップでは、それら制度の背景や検討経緯、現在の状況、今後の動向予測などを、実際に事業に参加しているエキスパートよりお話いただきます。併せて、マルチクライテリアで環境影響評価を実施している事業者から、取組内容をご紹介いただきます。

 

※本ワークショップは、経済産業省の委託調査「平成29年度地球環境国際連携事業(環境負荷削減の「見える化」に関する検討事業)」の一環として、受託者であるみずほ情報総研が運営いたします。

開催概要

日時

平成30年3月19日 月曜日 13:30~17:00(受付開始:13:00~)

会場

航空会館

東京都港区新橋1-18-1

定員

120名 [事前登録制]
*希望者多数の場合は先着順とさせて頂きます。

参加費

無料

後援 LCA日本フォーラム、日本LCA学会

運営

みずほ情報総研株式会社

お申込み

参加受付は株式会社シーエーティで行っております。
下記よりお申込み下さい。

時間

内 容

13:30

開催挨拶 経済産業省 産業技術環境局 環境経済室 課長補佐 守谷 学

13:35

開催趣旨説明 司会 工学院大学 教授 稲葉 敦 

-第1部-

マルチクライテリア評価に向けた産業界の取組み

13:40-

イオンの持続可能な調達と消費の取り組み

イオン株式会社 グループ環境社会貢献部
マネージャー 椛島 裕美枝

14:10-

マルチクライテリア評価にもとづく製品環境宣言(EPD)プログラム

一般社団法人産業環境管理協会 LCA事業推進センター
主査 伊藤 聖子

-第2部-

欧州委員会環境フットプリントの最新動向

14:25-

IT機器を中心としたパイロット事業の紹介

株式会社日立製作所 システム&サービスビジネス統括本部 
環境戦略センタ 主管技師 並河 治

14:55-

共通課題及び周辺動向の紹介

一般社団法人産業環境管理協会 LCA事業推進センター
所長 神崎 昌之

15:15-15:25

休憩

-第3部-

UNEPによる国際データベースネットワーク構想の枠組(GLAD)の最新動向

15:25-

国際LCA-DBネットワーク構想GLAD 背景

みずほ情報総研株式会社 環境エネルギー第2部 古島 康

15:40-

LCA-DBの国際的な相互利用に向けた技術的課題

TCO2株式会社 正畠 宏一

15:55-

LCA-DB「IDEA」の海外展開とGLADへの対応

国立研究開発法人産業技術総合研究所 IDEAラボ
ラボ長 田原 聖隆

16:10

総合討論

17:00

閉会

- プログラムは変更になることがございますので、ご注意下さい。

 

航空会館

東京都港区新橋 1-18-1 

 

■JR新橋駅 日比谷口 徒歩5分

■地下鉄 東京メトロ銀座線・都営浅草線 新橋駅 (7)出口 徒歩5分

■地下鉄 都営三田線 内幸町駅 A2出口 徒歩30秒